私の美学。

 

こんにちは!

美学と言うと、何だか美について語っちゃうの?

と思いますが、

そうです。書いちゃいます(笑)

 

私が「美しいと感じる価値観」

 

私Michikoが外見、内面、アートなど

人生における様々な事で

きれいだなと感じる、心が動いた瞬間

というのを書きたいな、と思ったのです。

内側の熱い想いは

文章に現れているかもしれません(笑)

 

 

女性の美というものがそもそも好き。

まだまだ人生前半戦しか生きていない私ですが

女性の「美に対する思い」って

すごいなと思っているのです。

そして、美は国によって違います。

たとえば

日本が美しいと思う価値観と、

他の国とで全く違うみたいです。

 

 

分かりづらいのですが

お化粧品にかける金額とか

お金の価値観などなど

 

女性は何が

美しいとされているのか。

 

国よって本当に様々という事でした。

 

 

例えば身近な韓国は、女性の目は切れ長で、

髪の毛は黒髪ストレートが

女性の美として美しいとされます。

イランでは、外科手術を受けると

顔に絆創膏を貼る背景から

金持ちで美しい女性という象徴。

外科手術を受けていないのに

顔に絆創膏を貼ったりする

一般人がいるそうです。

そして、ケニアの方は、

短い髪。本当坊主に近い短髪が

美しいとされます。

きれいに反り上げた頭は、ケニア人に

とってはとても魅力的だと言う。

 

ちなみにフランスは

ナチュラル思考で

スッピンが美しいとされているらしい。

いかに素肌を美しくいれているか。

ここが焦点のようです。

 

そう、考えると美しさって、何だろう。

国によってこんなにも違うのであれば、個人も絶対違いますよね。

風習とか、歴史の中にもちろん「美」というものがあって、

受け継がれている物もある。(首長族とか)

なにが美しいとされているかというのも、

国やその人の価値観によって違うという事ですね。

 

日本もあるのかな~と思うのですが、今の日本って

いい所をとても組み入れるのがとても上手ですよね♪

日本の女の子は、可愛い韓国人女性のメイクが好きで取り入れたり。

他の国の方の可愛いを見つけるのが、とても上手で。

街歩いてて、いつも可愛かね~♪と思います。

 

そして個人個人で言うと、美に対する意識変化は

ずっと変わらない人もいれば、徐々に変化する人もいる。

これは、私が見ていてそう感じた事です。

 

変化してもしなくても、どちらでもOKだと思うけど

一番大切な事って芯の自分自身で、

いれている事かなと思うのです。

 

素の自分です。

世界に一人しかいない華やかさ

 

 

「あれ最近あの人輝いてるな。」

「素敵だな~」と感じる人は

何だか目がいくというか、

特別美人なわけでもないのに、

すごく魅力的。

ディティールを完璧にしなくても、

その人が自分らしく等身大で笑顔で

いるだけで、すごく周りも華やかになる人。

 

何か目がいくなあ……

多分ここがポイントなのかも(笑)

 

私の中で、そういう魅力な方って

不思議と等身大なのです!(^^)

特別本人華やかなコーデとかしていないのに、

華やかになる雰囲気の人って

少しお得じゃありません?(笑)

叶姉妹のようなゴージャス感のある華やかさではなく

自分本来が輝いている華やかさが醸し出されているのかも

と最近感じています。

 

何か、無理していないというか

真から美しい、とされる人って

その人なりに向きあったオーラが

現れているような

そんな気がしました。

 

 

等身大、自分で生きていれば、

自然と美しくなる。

今のところそれが私の答えでした(^^)

 

 

素の自分、真の自分自身がいて、

初めて変化するか否かの選択があるというか

自分の良さを殺してまで、

自分磨きしなくていいよねっと感じています。

 

その人が自分らしく輝いている、その人生の背景的なものが

焦点を当てたい部分というか、外見ではなく、その内面背景が私は好きです。

 

完璧に美しいのではなく、等身大で美しいか。

 

いつも、そういうところにその人の魅力を感じている私です(^^)

 

Just the Way You Are.

 

私も大好きなビリージョエルの歌。

 

自分にしかないものを磨きあげる。

 

だいじにしていこう!

 

 

 

Michiko