令和に思う。reiwa

 

GWも後半になりましたね……

 

こんにちは~!

とうとう令和になりました。

平成から令和になるって、本当色んな意味で

大きいBIGな事なんだろうな~と感じています。

平成になった時は、私はまだ小さかったですし

平成を謳歌していた私にとっては、令和という時代になる事が

嬉しい事でもあり、寂しい事でもあります。

平成のね、歌や映画、そしてドラマ。

全て今の自分のエッセンスとなっている素晴らしい物ばかりだったんだもの。

これから先時代が変わるにつれて、それらを超えるものという物は

現れるのだろうか? と感じていたりもするわけです(^^)

でもそうやって時代は、変わってきた。

時代の変化は常にそういうもので、絶対値ではない、相対値での物事。

誰しも必ず変化が訪れる。それに伴って今の自分が何が出来るのか。

それがとても大事になってくるのではないかな。

福岡県太宰府市めちゃ人気ある

 

福岡に在住ですが、太宰府市が令和の発祥の万葉集、梅花の詩のモデルになったことから

今すごく人気なんだそう。海外の観光客もおおくて皆梅が枝餅食べてるんだけど(美味)

前からすごく多かったけど、今は更に多くなっている。GWは凄いことになってそうだな(笑)

今回の「令和」

海外の反応的にはね、

令和って、の令ね、命令や指令に使われている、要は強い漢字だから印象が

良くなかったそうなんです。そんな上から漢字ってよくわからん。!って。

でもね、日本はそれを聞いて「Beautiful harmony」と海外訳を発表したの。

令和=Beautiful Harmony

めちゃきれいな表現ですよね。

令っていう漢字って、実は後につける漢字だと強くなるけれど(指令とか)

前に付けると、優れた、非常に良いという意味らしいの。

令嬢とか、令状とか……確かにそうですよね。

ということは、令和という言葉、とても良い調和、優れた和。という事になる。

そう考えると、とても品がよく、私は大好きな言葉になったかな。

平成に感じる寂しさもやんわりと溶けていくような、そんな感じがします。

 

改めて、令和元年おめでとうございます。

皆様が、健康で楽しく、人生が謳歌できますように祈っています。

そして自分自身もね(^^)!

 

これから2020年にオリンピックがあり、ますます盛り上がりを見せている日本。

 

令和の年、一緒にエンジョイしていきましょうね♪

 

 

Michiko