「仏」と呼ばれた、その方は。

 

Michikoの尊敬シリーズは、

 

日々の日常の中で、

ありがたいご縁などをいただき

偶然に出会う事が出来た、

「人」の事を書くシリーズです。

 

「私が出会った人の紹介」と

書くと上からなような

気がするので書きません。

 

決して意図的な物は違うくて、

書いたからと言って、

何かを得たいわけではなく

 

 

ただ今の30代の等身大の私が出会った、

その方の人物像への尊敬というか

品を込めた何かを残したくて、

無我夢中でただただ書いた、という

ものです(恐縮です)

 

 

とてもやりたかった私の尊敬シリーズ。

今回快くいいよー!って

言ってくださった方ありがとうございます。

 

生きる仏に会った事ありますか?

 

出会った時からその人は

ただただ「落ち着いていた」

それは、自分を制御するとか

環境に合わせたりする

取り繕われた

器用な人ではなくて

ただ、「その人」だったんです。

 

出会ったのは、数年前の冬。

知人の紹介だったその男性は

眼鏡をかけていて、

モンクレールのダウンと

コートを着ていた事を

覚えています。

友人と共に

待ち合わせの時間より

少し遅れてしまって

慌ててお店へ行った時

寒い中、お店の外に

立ってくれていて

気さくに挨拶してくれました。

その方は、

わたしが今までに会った

ことがないくらい

握手が自然だった人です(笑)

そしておしゃれ。

福岡の男性って

オシャレな人が多いなあと思うけど

その男性は

「粋」というか

「洗練」という言葉

が似合っている方で。

でもお話してみると

話やすさ、気さくさ、

スマートさがあり

そして、握手が自然で(笑)

「うわ~こんな男性って

いるんだなあ」

と心の中で呟いていました。

しかもね、初対面での

大事さをここで

伝えなきゃあならんのに

何を話していたかは

 覚えていなくって(え。)

 

でも緊張していたのだけは

覚えているんです(笑)

一生懸命言葉にしようと

思って話していたんだけど

その方は、うんうん、という

相手のスペースを空けてくれる

聞き方をしてくれていたのです。

初めてお会いした方に対して

何を話したらいいか

分からなかったから

それがすごく嬉しくて。

 

その当時はわたしなりに

一生懸命だったから。

 

表現が少し幼いけどね

嬉しかったんです。

そんなたどたどしさが

ありまくりのわたしでもね

「若い人相手」ではなく

人として接してくれていた。

そのときから

メンタルの仕事や

英会話コーチをしている

て言ってたんだよな~。

え?留学で今はメンタル・・?

MBA?NBAではなくて?

周りにMBAを取得した方と

お話したことなかったから驚き。

え?!この方バリバリやん!!

と一瞬たじろいだとは

今となっては言えるけど(笑)

とにかく初めて会った印象は

終始落ち着いてて

終始その人自身だったという事。

その人の余裕さというか

そういう物が垣間見れて。

こんな人が、世の中にいるんだな~

と感じた、第一人者だったのです。

やっぱりこの人、神の領域の人だと

確信したインタビューの仕事

それからありがたい事に

ちょくちょくお話を

させていただくことも

多くなって、お話

するたびに、色んな事を

吸収させてもらいました。

その時のわたしは、全く

実績というものはなくて。

でもその方は

今のわたしが出来る範囲を

見極めてくれて、

仕事を依頼する事も

ありました。(カムサハムニダ)

そしてただただ、私が

「文章ってすごーーいんです!!」

という鼻息荒く話をしていた事を

「うんうん」と聞いてくれてました。

それを覚えていてくれたのか、

その方が大切に練ってきた

折れない心を鍛えるレジリエンス

を取り入れた福岡初の英会話の

構想やデザインを練っており

そのサイトに関しても

本当に色々な経験を

させてもらえたんです。

今でも感謝感謝で

いっぱいなのですが、

その方の元となるレジリエンスを

用いたマンツーマントレーニングを

サイトをデザインするのにあたり

その方を知る著名な方々に

インタビューを遂行する

ことになったんです。

<その顔触れ本当にすごかったー(笑)>

インタビューはスムーズ

におこなっていって

素敵なお話をたくさん

聞かせてもらえました。

人生の価値観とか

たくさん聞きながら

色んな話をしていたんだけど

その方の印象や話を聞くんだけど

まあー話がすごいのね。

 

これは、男女共通なのだけど

「顔見て安心する、ほっとする」

とみんなが、言うのです。

「この人だからインタビュー来た」とか

「顔見たら安心させてもらえる」とか

「仏様みたいに安心する存在」とか

 

そして究極の言葉も出ました。

「もうね、居てくれるだけでいい」

すごい・・・(笑)

すごすぎます。

どちらかと言えばひたすら、

驚いていたもん(笑)

驚きレベルが凄かった。

かなり衝撃的でした。

インタビューしていて

一言くらい、おもしろい事出るかな

と思ったけれど出ない((笑))

 

わたし現在進行形で

生きている人で

「いるだけでいい」とか

「仏のようです」とか

言われている人

会ったことないし

聞いたことなくて。

<もはや本に載ってる偉人レベル(笑)>

インタビューで話す

その人の話が素晴らしすぎて

本人に直接聞いてみたのです。

 

「このインタビュー聞いてて

どう思いますか?」て。

そしたら

「いんや、意味が

分からないよね~ハハ」

くらいだった。

そして次の瞬間には仕事の話になり

このはなしは終了しました。

 

<あっさりすぎました>

 

でもさ、いるだけでいいとか

言われている人って

聞いたことないよね。

家族ならいいそう?な言葉

だけど、違うんだよ?

知り合いとは言え他人なんだよ?

「仏」とか凄すぎやない?

 

福岡国宝レベル

リムジンで運ばれちゃうレベル

 

福岡偉人発掘!か何かの企画で

本に掲載してもいいレベル

と言ってもいいと思います。

<その企画つくりたいな>

 

仏様って会えるんだね。

話せる仏様っているんだね。

いや、福岡にいたら会えるんだね(笑)

 

私にとってその方は、

スマートな男性以上のものだった。

人にここまで影響を与える人って

中々いないと感じています。

 

そして、それはその人そのもので。

つくろわれていないんです。

雰囲気として出ているから

凄いなと思ってて(笑)

オーラで人をホッとさせたり

する人って、やっぱり

人の為に生まれてきたのかな。

その人は聞く姿勢ではなく

こっちが話をしやすい姿勢に

持って行ってくれる。

だから女性の私でも

かなり話しやすくて(笑)

何でも受け止めてくれるような

そんな感じなんだ。

ほんとうに「仏」と

言えばすごく仏だわ(笑)

 

仏でもありスマートな男性で(笑)(^^)

福岡で会いたい方は

こちらが、その本人様です。

生きているうちにね。

手を合わせれるチャンスです。

キバックス