じぶんのカケラを拾う(不思議な夢)

 

今朝夢を見た。

小さなわたしが

道端に落ちている

小さなカケラを

拾っている。

 

かすかにしか

覚えていないけど

 

小さなわたしは

カケラを見つけた時

カケラを拾った時

嬉しそうに

笑顔になっていた。

 

何だろう?

あのカケラって

何を拾ってるんだろうか?

と不思議に思った事だけ

鮮明に覚えている。

 

話は飛ぶけど

先日ある女性と話を

していた。

悩んでいた彼女に

色々彼女について

話をしていた。

 

その時わたしに

ああ、みちこちゃんって

「そういう事を

言ってくれるから。

とても嬉しくなるし、

昔から変わってないね」

と言ってくれた。

 

「むかしから」

 

おとなになって

気付かなかったけど

ああ、そうだったんだ。

 

謙遜していたけれど

私って昔から

そういう所あったんだな~

と認めてみた。

 

その時、夢に見た

 

小さなカケラを拾っている

小さなわたしを思い出した。

 

もしかしたら、

おとなになって

忘れていた自分の良い所や

元々持っているカケラを

拾っているかも

しれないなって。

 

人って気づかないだけで

小さな純粋なころから

持っている

その人しか

持っていないものが

きっとあって、

それを大人になって

再びきづくように

なっているかもしれないな?

とそう感じた。

そのカケラは

多分人が教えてくれたり

キッカケが教えてくれる。

 

 

小さなわたしは

それに

気付かせてくれていたのかも

しれない。

 

みんな

じぶんの一部を

拾う旅をしているのかな。

 

 

朝の寝起きと共に

ぼんやりとしか覚えてないけど(笑)