女性達よ、もっと自分の過去を認めよ。

 

 

いでよ、シェンロン風に

書きたかったはずが(笑)

 

あまり強くないタイトルに

なってしまいました。

たまには、こういう

いまいち感があって

よろしいですよね。

 

イメージ的に

「少年よ大志を抱け」と

の女性Verとっていただければ。

 

 

この前ね、あるブログを

見ていたら

 

「今」というわたしが選ぶ

世界は、選択次第で

いくつも世界があって

どれを選択するかで

味わう現実が変わってくる

というパラレルワールドの話を

たまたま見ました。

 

例えば、目の前に

すごく美味しい

長崎のカステラ

があったとして

 

あまりお腹が空いていない

のだけれども

食べる私か、

食べない私か

両方選択ができるわけです。

 

食べる選択をしたわたしは

カステラ1切れのカロリーが

おおよそ156カロリーだから、

そのカロリーが入った少し

ぷっちょな私か、

 

カステラを我慢した分

別の事に集中しようと

もがいているわたしか(笑)

 

 

そしてその後起きる

現実がそれぞれ違っていて

その選択は、意識していない

だけで、無意識に

日々の選択を

しまくっているものだ、と

いう事でした。

 

それを改めて聞いてね

パラレルワールドの話って

すごく面白いなあ、と

単純に感じていたのですが

 

ということは、

自分の状態次第で

思考も変わるから、

 

大事な選択は常に

「落ち着いて見ておきたいな」

という感じになったのです。

 

 

注意してみるのではなくです。

 

 

 

例えば、女性の転職や、これから

大事な決断をするときなどです。

 

自分に自信が無かったら

「できなくちゃいけない」

「やらなくちゃいけない」

 

前提の意識だから、自信が無い

前提で決断をしてしまうため

それを選ぶ決断や、結果も

少し、重厚感があるような

プレッシャーなどが感じやすく

なる結果になるのではないのかな

とそう感じました。

 

逆に、

「今まで十分に生きてきた!」

「わたし、よくやった!」

「わたし、すごく今までよく耐えれた!」

「だからこそ、楽しめるような

そんな会社で過ごしたい!」

 

という思考が根底に流れているから

その後の選択も、その結果も、

自分が楽しめるような

イケイケGOGO!な世界に

結果、なるのではないか、と

 

今まで十分やってきた。

今までの自分を認める。

だからこそ、大丈夫!

と今の状態の自分を

整えてあげるというか。

過去を認めるって実は

すごく大事なんじゃ

ないかなあ、と感じました。

 

 

昔の事なんて忘れるし

それほど自分を認める

まで、すごい人生を

生きてきてないよ

と思うかもしれません。

 

でも過去や自分を認めたり

それを一つ一つ拾えるのって

自分しかいない。

 

 

その1秒前の過去を

認めているか

認めていないかで

未来の選択にこんなに

影響があるとわたしは

思っています。

 

 

 

だから、すぐ決断を

出さずにじっくり考えたり

焦って答えを出さないように

することがとても大事

と言われているんですね。

一旦飲み込む、というか(^^)

 

 

今の状態を整える為に

過去を認めまくる。

 

 

ちなみに、私の場合

多分仕事の手続き関係で

めちゃ焦るようなことがあり

頭がそれでいっぱいになっていて、

うわーーー!どうしよう!?と

感じながら家の中

ぐるぐるしていました。

 

その状態のときに家に来た

ヤクルトの配達の人に

意識は、焦っているから

 

 

その人に向かって、

「ありがとうござーます!」

と大きな声で言ってしまった、

と言う事がありました。

 

しまったーーーーーーーーーー

 

 

言っている意味は拾えるけど

ござーますって。

 

 

 

ござーます、という前に

焦る自分をリセットすれば

よかったやん、とそう

感じたのですが(笑)

 

今の状態、を良い感じに

整えたいですね。

 

ちなみに

ヤクルトのおばさんは

終始ニコニコ

していました。

 

 

Michiko